高齢者年齢75歳への引き上げに現役世代はどう備える?

高齢者年齢の75歳への引き上げについて

高齢者の年齢を75歳へ?

現在、高齢者の年齢を75歳への引き上げる議論がなされています。

実際引き上げになるとしたら、現役世代はどう備えるれば良いのでしょう?

考えられるのは、再雇用期間と年金受給開始年齢の引き上げです。
現役として70代になっても働きやすくなる一方で、年金はなかなかもらえず、稼ぐ力・体力・精神を維持していく必要がありそうです。

筆者は、働くことが割と好きですので、そもそも80代になっても働きたいと思いますが、高齢になると体力的なこと、病気になるかどうかによって変わってきます。

生涯現役であるために、健康、食事には気を遣ってきましたが、これまで以上にその必要性が増してきそうです。
朝はフルーツのみ、まともに食事をするのは夜だけの小食ですが、最近はチョコレートブームが来てしまっていて、高カカオチョコをつまみ食いしています^^;

高齢者年齢の引き上げのニュースを受けて、さらに気を付けようと思います^^

高齢者の年齢のはどう引き上げられる?

現在の高齢者は65歳以上ですが、

日本老年学会会の提言によりますと、新しい年齢の考え方は、

  • 65歳以上は“準高齢者”
  • 75歳以上が“高齢者”
  • 90歳以上が“超高齢者”

となるそうです。

なぜこのような提言がなされているかというと

一般的な認識で高齢者をイメージする年齢が上がっている

一般の方を対象したアンケートで高齢者というと何歳以上だと思いますか?と聞いたところ

  • 男性は70歳以上
  • 女性は75歳以上

と答える方が一番多かったそうです。

一般にも65歳では高齢者とは言えないようです。

65歳以上の方は機能的にも若返っている

65歳以上の方々を対象とした体力、知的機能低下テストでも、

  • 5~10歳若返っている

ことがわかっているそうです。

もはや、65歳以上を高齢者というのは、国民の認識的にも、実際の機能的にも見直しの時期にきているといっておかしくないようです。

筆者も「現在の60代はお若く、現役を引退されるような年頃じゃないなぁ」と感じています。

地域柄、農家の方々とお会いすることがありますが、

  • 60代だとまだ“若手”
  • 70代の方々が地域農業の“主力”
  • 80代を超えてもまだまだ“現役”

といったイメージです。

じゃあ、農家はいつ引退するの?
となりますが、90代を目前にしてそろそろ引退しようかという感じです^^;

90代を超えても家庭菜園は続けられる農家はよくおられます。

農業は高齢者社会の最先端を行っているのかもしれませんね。

なぜ65歳以上が高齢者になった?

では、なぜなぜ65歳以上が高齢者と考えられるようになったのでしょうか?

一つの説としては、国連報告書があるそうです。

国連報告書

1956年の国連の報告書に

  • “65歳以上の人口増加と高齢化社会”に関する記録があったこと

が言われています。
これは昭和30年代の話ですから、現状とはかけ離れているかもしれませんね。

確かに、日本の平均寿命はこの間にもかなりのびています。

日本の平均寿命の変化

日本の平均寿命は、

  • 男性が63.6歳から80.8歳に
  • 女性が67.5歳から87.1歳に

にのびました。

女性はほぼ20歳寿命が延びたことになります。
医療が発達し新生児の生存率が高まったことも貢献していますが、すごい変化だなと感じます。

また、国内の100歳以上の人口は、

  • 1963年は153人

であったのに対し

  • 2016年は、5,692人

に増加しています。長生きされる方々の実数も増えているのですね。

定年、年金はどうなる?

厚生労働省よりますと、高齢者が75歳以上になると

  • 雇用や年金制度に影響出てくる可能性がある

そうです。

現在、被雇用者が希望すれば、65歳までの再雇用することが企業には義務付けられています。
これが延長されることもあるのでしょうか。

では、年金も?

もし、年金も75歳以上からとなると、今の制度と比べると10年も違いますから、これは国民に大きな影響となりそうです。
確かに、70代でもまだまだ現役、元気な方は多い印象ですが、一方で病気で働けない方、体力的にもスポーツもバリバリできる方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。
個人差が大きくなる年代だと思いますので、一律に延長することは難しいのではという気もします。

専門家の見通し

専門家の見通しとしては、
再雇用は70歳までに引き上げられていく
年金の支給は70歳からになっていく
のではないかということです。

確かに再雇用までの期間は確かに長くなっていいような気がします。

ただし、現在の年金の支給時期は、厚生年金は65歳に移行中で、これが2030年に完了します。
現在の制度移行でさえ時間がかかりますので、高齢者の年齢が75歳以上に引き上げられたからといって、年金制度はすぐには変わらないだろうとみられています。

65歳以上が活躍中の企業

65歳以上の方々活躍する企業として、「高齢者」という人材派遣会社があるそうです。

60歳以上の方を専門として派遣する会社で
登録者の762人中、679人が65歳以上
だそうです。

仕事内容は、

  • マンション管理業務
  • ガスメーター確認
  • 商品説明
  • 倉庫作業

など、登録者がこれまでの人生経験、仕事経験を生かせる業務となっているとのことです。

高齢者の方の仕事内容・月収例としては、82歳の方で、部品倉庫作業を8:45~17:30までで、月収8~10万円になるそうです。

80代で月収10万円の生産性って、すごいなと思います。

成人年齢が引き下げになるという議論もされています。
諸外国では18歳で成人
国内でも18歳から選挙権を得られるようになりました。

18歳で成人となると、将来的には高校生が成人式に出席することになりますね。
となると、改正された年は、
18歳の方も、19歳、20歳の方々も一斉に成人を迎えることになるのでしょうか。

日本は人口減少社会に突入し、生産性の低下が心配されます。
今後、成人が若くなり、高齢者年齢が引き上げられることは、労働人口を増やし日本を元気にすることにつながるのでしょうか。

ともかく、筆者としましては、健康的な精神、肉体を維持しながら80代、できれば90代まで生涯現役で納税して日本を支えたいと思いました。

あなたはこのニュース、どう思われますか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

認知症患者が器物損壊で損害賠償請求される前に加入すべき認知症保険とは

寒冷じんましんとは?

寒冷じんましん悪性リンパ腫やガンの兆候かも

ストロングマヌカハニー、マヌカハニー・蜂蜜と何が違うの?効果や効能は?買う前に調...

Dellノートのオーディオ機器抜き差しの通知音がうっとしいときの対処法

Dell(デル)ノートパソコンでオーディオデバイス(ヘッドフォン)抜き差し通知音...

スピード買取.jpは悪質なのか?30年着ていない古着物の宅配買取でいくらかになったか

着物買取バイセル(旧スピード買取.jp)は悪質なのか?30年着ていない古着物の宅...

家庭で起こる火災に注意!

家庭で最もよく起こる火災と意外な火災、それぞれの対処法