東京商工会議所のカラーコーディネーター講座(キャリアビレッジ)

カラーコーディネーター資格についてご紹介します

初めまして!ライターのゆいです。私は、医療事務専門学校を卒業し、派遣社員(事務職)をしています。
高校の成績はクラスで上位20にはいっていました。中の上くらいでした。今回は、私が東京商工会議所のカラーコーディネーター講座で資格を取った経験を踏まえて、

カラーコーディネーターの

  • 資格の概要
  • 資格に合格したらできること
  • 資格取得の難易度
  • 合格までにすべきこと、準備期間
  • キャリアビレッジのカラーコディネータ—講座の概要と、メリット・デメリット

についてご紹介します。

更新日:29.1.6

 

カラーコディネータ—の概要

カラーコーディネーターは、色の特性や、組み合わせなどについて知識を得ることができます。
服飾やインテリアコーディネータなどで活躍する資格ですが、ビジネスだけでなくプライベートでも利用できる資格です。

 

カラーコディネータ—に合格したらできること

それを利用することで、

  • 商品開発に利用したりオフィスなどのデザインのコーディネートをしたりと実際に使える
  • ビジネスシーンでも、プライベートでも利用できる
  • 意外と持っている人が多くないのでキャリアアップになる

といったことで人気があります。

カラーコディネータの難易度

3級で70%程度、2級で40%、1級では30%程度といわれています。

基礎がしっかりと理解できていれば、3級は比較的簡単に感じます。

2級ではそれなりに勉強しないと難しく感じます。

 

カラーコーディネータ合格までに勉強すべき3つこと

1.過去問題をしっかり勉強

一つ目は、過去問題をしっかりと勉強することです。受験する級ごとに問題集があるのでじっさいに解いてみます。

級があがればそれだけ無地かしくなっていますから、低い級からしっかりと解いていくことが大切です。

解答などによく出る問題であることや、間違い安い問題であるなど注釈がついているのでそれをしっかりと勉強します。

2.各分野を把握

そして、勉強するうえですべき二つ目のことは、各分野の内容をしっかりと把握することです。それで理解が進みます。

カラーコディネータ—の検定内容には4つの分野があり、それぞれが独立しています。

ひとつだけ深く理解しても他の問題がおろそかになってしまえば、合格は難しくなってしまいます。

3.自分に合った暗記法

三つ目にするべきことは、自分にあった暗記方法をみつけて覚えることです。

カラーコディネータ—の検定は、理解と暗記が必要です。

それぞれの分野の内容を理解し、それを暗記して応える受験なので自分にあった暗記方法で覚えていくことが大事です。

カラーコーディネータ合格に必要な準備期間

受験する級によっても違いますが、3級で3カ月程度です。2級では半年程度が勉強に必要とされている時間です。

3級を受験したときは、1日1時間程度を週に3日以上と決めて勉強していました。

受験日まで4カ月あったので、最後の月はほとんど過去問題を練習で解いていました。

 

キャリアビレッジのカラーコディネータ—講座の概要

受講費用:36,000円(講座)

受験料 3級:5250円 2級:7340円 1級:9440円

講座期間:4カ月から最大12カ月

キャリアビレッジのメリット・デメリット

  • 3級、2級のダブル講座なので、テキストがすぐに2級分手にはいり勉強できます。
  • ダブル受験を考えているひとには、講座がひとつにまとまっているのでどんどん勉強を進めることができるのがいいです。
  • 検定自体は別の大体のものになるので受験料が別にかかります。
  • 色見本カードの付録がついているので、実際に色の組み合わせなどを考えるときに役だっています。
  • パーソナルカラー診断や、講座にかんする無料の質問を受け付けているので勉強をあきずに続けられました。

この講座に対する私の評価は8点です。

 

これからカラーコディネータ—を目指す方へ

これからカラーコーディネーターを目指す方に知ってほしいこと

日常にあふれている色を勉強するのはとても楽しいことです。

仕事だけではなく、日常的に洋服を買ったりとするときにも使える資格なのでビジネス展開だけを考えずに趣味としてもぜひ受験してみて欲しいです。

実際に私が勉強したときは3級は理科が好きならすぐにわかる内容だな、と楽しく勉強することができました。

2級になるとまったく勝手が違い専門的なものも増え戸惑いました。

しかしコツコツと一つずつを理解できるまで解いていくこと、そしてそれを覚えることはとても楽しかったです。

現在の仕事ではあまり資格を使うことはありませんが、服の色の組み合わせを褒めてもらえたりすることも多いです。

また、プレゼントなどの包装紙やメッセージカードの配色がきれいだからと頼まれることも増え、ちょっと嬉しい思いもしています。

ぜひ、興味のある方は挑戦してみてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資格の大原の宅地建物取引士講座

資格の大原“宅地建物取引士資格講座”